ダイニングをリノベーション 〜 リビングダイニングが真ん中にある家 〜

中古物件だとしても、リノベーションをすれば室内は新しく生まれ変わります。3LDKを2LDKに変更することで、広々としたリビングダイニングが生まれ、生活の中心となる一家団欒の場が作られました。

 

一家団欒の場所づくり

家賃を払い続けることに疑問を持った30代のご夫婦が、中古物件を購入してリノベーションをすることにしました。もともとはイラストのような構図で、3LDKの物件でした。玄関から入るとまず両サイドに部屋があり、廊下を進んでいくと左手側にキッチン、右手側にお風呂関係の水場があり、一番奥はダイニングと和室になっていました。

日本は少子化が進み、昔と違って部屋数が少なくても対応できるようになっています。クライアントのご夫婦の場合は、子どもが1人(※現在は2人)いるので、部屋数よりも家族で集まれる場所作りに力を注ぎました。和室をなくしてリビングダイニングを作り、部屋の中央に大きなテーブルを配置することで生活の中心になるような空間へと変わりました。

テーブルの一方はベンチのような長椅子にして、椅子の下に収納スペースを作ることで子どものオモチャなどをしまうことができます。広々とした床には品質の良いフローリングを使用し、壁や柔らかい色にして居心地の良さを演出しています。

キッチンスペースは、ダイニングに面した壁を取り外すことで移動が自由になり、料理をしながらでも子どもが遊んでいる姿を見えるようになりました。さらにキッチンと廊下を隔てる壁には黒板を埋め込み、家族の予定や連絡事項を書く掲示板のようなスペースになっています。もちろん、子どもにとっては格好の遊び場のひとつです。

 

 

子どもと一緒に壁を塗り替える

寝室などはクロスの張り替えだけを行ないました。しかもこのクライアントは、壁の塗り替えを子どもと一緒に楽しみながら行なわれておりました。家づくりに積極的に関わることで満足度も高かったようで、感謝のお手紙を頂くことができました。