ABUOT US

20140530_MAlogo


 

WP140417H

『建築は、時間と共に、季節と共に、年月と共に、 そこで過ごす人と共に、歳を取り一緒に変化して行くものである』と思います。
過ごす人の生活に寄り添い、人を中心に建築を創造する一級建築士 【建築家27年】 李 孝哲(イ ヒョチョル)

■日本での実績
延べ3000戸以上のマンションを設計 、最上階一部屋【7億円】の青山パークタワーの設計も担当
森ビル、オリックス、日産自動車の設計案件にも携わる

■東南アジアなど海外での実績
ベトナムでリゾート開発やゴルフクラブハウス(DOSON RESORT)の実施設計
フィリピンのホテルカジノ計画の設計

■経歴
韓国のソウルに生まれ、大学で建築を学ぶ。 卒業後、設計事務所に就職するも、 現実と理想のギャップにぶつかり悩み苦しむ。
より広い世界で建築を学び直すべく日本に渡る。

言葉もままならない中、単身、作品集たった1冊で 無謀にも大学院に挑戦し、入学を勝ち取る。 千葉工業大学大学院の建築学修士号を修得。
その後、デザイン力を買われ、大手 三井住友建設で、マンション設計の仕事に携わる。
6年間の在籍中に、延べ3000戸の以上のマンションを設計。 億ションと言われる高級マンション、超高層マンションの設計を専門に携わり、
青山パークタワーの設計など、 三井不動産、住友不動産、東京建物、モリモトなどの大手デベロッパーの仕事に次々、携わる。

でも…
「もっと様々な建築の設計に携わりたい!」そう思い、 マンションの設計から離れるべく、建築家大江匡が率いるPLANTECに入社。
森ビル、オリックス、日産自動車の設計案件に携わる。

また、より広い世界を求めて、
東南アジア、海外設計に携わり、 ベトナムでリゾート開発。 ゴルフクラブハウス(DOSON RESORT)の実施設計。
フィリピンの日本クライアントのホテルカジノ計画のプロジェクトに参加

そんな中、2008年末のリーマンショックのあおりが建築業界にも直撃。
「もっと人の生活に寄り添った物作りがしたい!」 という思いが強くなり、個人事業主として設計事務所を開く。
厳しい時代の中、リフォーム、住宅、賃貸マンションと 徐々に規模を大きくし、2013年には法人設立。
現在は、個人の住宅から、 大手デベロッパーのマンションまで幅広く携わっている。

『建築は、時間と共に、季節と共に、年月と共に、 そこで過ごす人と共に、歳を取り一緒に変化して行くものである。』
をモットーに、日本という異国の地であるにも関わらず、 15年間実務を経験し、人に喜ばれる建築をめざして、活動中