都市伝説1:建築家に設計を頼むと高くつく!

建築家、すなわち設計事務所に設計を頼むと高くつくという印象を持ってる人が多いらしい。
でも、それって設計事務所に聞いて言ってるのか?

今でも、設計事務所に家の設計を頼む人は4%しかない。
2,30年前は設計事務所に設計を頼むって金持ちくらいしかいなかった。あるいは、すごいこだわり屋さん。
だから、設計事務所に設計を頼んだから高くなったのではなく、高い家を頼んだのだ。

それが、、一風変わった家ができて値段も聞いてみると高い。
じゃ設計事務所、建築家先生に設計を頼むのは大変だね。。って印象を持つようになったのだと思う。

一見、すごくカスタマイズされて自分らしい家をつくるというと、結構なお金もかかりそうだと思うかもしれないが、特別な材料を使わない限りそれほど高くはならない。
家というのは、どっちにしろ一品生産の手作りものだから。

ハウスメーカーや、工務店の注文住宅の場合は仕様が決まってるからすぐに坪いくらということが言えるけど、設計事務所の設計はクライアントの予算に合わせて仕様を変え金額を調整するので決まった値段がない。
それが、設計事務所の売りでもあるが、お客さんの立場からみると分かりづらいという評価につながってしまうかも知れない。。

僕らは、坪50万円より、ということにしてる。
30坪2階建ての住宅なら設計費込みで2000万円もあれば平均邸な住宅が作れるので、決して高い住宅ではない。

まずは、設計事務所にも聞いてみる。
聞いてもらえるように、窓口を開かなきゃだけど。。

pic05