大改造!!劇的ビフォーアフターという番組を知っていますか??

「大改造!!劇的ビフォーアフターって番組は、未だに続いてる??

その番組のおかげで、建築士という存在が世に認識される機会になったのでありがたいところもありますが、間違えたイメージを伝えられている残念なところもあります。

番組としては面白い演出をしているかも知れません。。
でも、その番組に出ている建築家達は大きな間違いを犯しているような気がします。

番組では、最初クライアントから不便なところや要望を聞いて建築家が設計をして工事を進める。
そして最後、完成した後にクライアントに見てもらう。なんて言うことでしょう。。。とクライアントを感動させるという演出ですね。

とっても、、信じられない行為。
設計者としてどうゆう常識を持っているんだろう。
クライアントの千数百万。あるいは数千万のお金を使いながら、クライアントに最後まで現場を見せない度胸はなんなんだろう

数百万や数十万のリフォームだって、、現場を見ていただきます。
クライアントは、図面じゃ絶対分からないから、途中の現場をチェックしていただいて修正をしないといけないと思います。
僕らがいくら考えてもご本人がその場で感じることの方がもっともっと大事な場合もいっぱいあるからです。

そのチェックの儀式は僕にはとっても大事なことです。
そうすると必ず、こうしてほしいとか、あ~こうなんだという話し合いができるし、少しでも満足度の高い住まいができます。

番組として面白い演出も大事かもしれないけど、人の大事な財産を扱うのであればちゃんと責任を持ってほしい。